金沢 列車


【迷列車で行こう】北陸三県編#1 金沢市の野望 地下鉄計画

全列車が金沢駅 - 新潟駅間の運転で、5往復10本が運転されていた。

金沢駅発は奇数、新潟駅発は偶数であった。

日中…7 - 8分間隔 [24] 新杉田駅 - 金沢八景駅間の列車のほか、朝と夜に車両基地最寄りの並木中央駅発着列車がある [25][26] 。

金沢は人気の観光地であり、宿泊は市内でも充分だが、余裕があれば列車で1時間ほどのところに位置する和倉温泉でのんびり過ごすのもおススメである。

全長二五〇メートルに及ぶ列車「ミステリー号」が四〇〇人の乗客ごと姿を消した! 奇想天外なトリックの、傑作鉄道ミステリー。

事故に遭った旅客の証言では、列車の行先は金沢八景駅方面となる途中駅の並木中央駅であったと自動音声で案内されていたという。

681系/683系:現在使用されている車両。

現在は基本的に全列車9両編成で運転され、多客期に3両を増結して12両編成になる。

距離的には上越新幹線長岡ルートのほうが米原ルートより富山・金沢へは近かったのだが、国鉄時代はそこまで力が入っていなかったのが一因ではある。

かくだ [編集] 越後線初の優等列車。

列車・座席の制限はないためいつでも利用できますが、スーパーモバトクには制限があります。

そのため、ご利用の際には早めの予約をおすすめします。

白馬 [編集] 金沢~松本間の急行。

大糸線全線を走破する唯一の優等列車だった。

金沢~糸魚川間は、急行「しらゆき」に併結。

名古屋・米原・大阪から北陸方面 愛称名 設置車両 しらさぎ 4号車 サンダーバード 4号車 列車により設置車両が変わる場合があります。

新元号記念列車は、30日午後23時43分に北鉄金沢駅を出発し、日付けが変わる瞬間の1日午前0時に内灘駅に到着、そのあと折り返し北鉄金沢駅に戻ります。

仙台〜新庄(陸羽東線経由)のおもいで湯けむり号を始め様々な臨時列車に使用。

しらゆき [編集] 初代 金沢と青森を日中で結んだ急行。

途中で糸魚川まで大糸線経由で松本に行く列車も連結していた。

秋田で青森と仙台を北上線経由で結ぶ急行と連結していた。